地震を予測する意義|的確な情報を得るには

備えをしておきましょう

地震

日本は世界的に見ても有数の地震大国で、いつ大地震が来てもおかしくない国です。科学が発達したことによって地震予測が盛んに行われるようになっていますから、それらを参考にして万が一の備えをしっかりとしておきましょう。

より安全に避難する方法

グラフ

早急な対応ができるように、地震予知できるようになりましょう。地震予知方法としては、2種類あります。それぞれ特徴があるので、ここで把握しておきましょう。どちらも早い段階で地震予知をすることができます。

被害を最小限にするために

婦人

災害時に必要な心構え

地震が頻発する地域のひとつである日本では、自分の身を守るために、地震や津波の予測に関する情報収集を行うことが欠かせません。一般的に地震の予測は難しいとされていますが、雲の状態をはじめとした自然現象や動物の行動に変化が現れるという説もあり、専門家たちが研究を進めています。津波の有無や到達時刻は事前に予測できる場合が多いため、マスコミや防災無線などを通して発表される情報が役に立ちます。地震の規模が小さくても津波が襲ってくる可能性がありますから、海の近くにいる場合には油断は禁物です。咄嗟の判断の手助けになる予測情報として広く知られているのが、揺れが始まる直前にテレビやラジオ、携帯電話などでキャッチできる緊急地震速報です。緊急地震速報が流れたら、火を使用している場合には素早く消して、倒れてくる物や落下物から頭部を守ることが被害を最小限に食い止めるコツです。揺れが始まるまでの限られた時間の中で出来ることを事前に想定・訓練しておくと、実際に地震に見舞われた際にスムーズに行動できます。大規模な地震や津波が発生した後には、口コミやインターネットなどで、不安を煽るデマが広まる場合も少なくありません。鵜呑みにして他人に話したり、書き込みをしたりすることで、更にデマを広めてしまう危険性もありますから注意が必要です。情報の発信元や信頼性を慎重に吟味する姿勢が、情報が錯綜しがちな災害時における正しい判断につながります。

関東の地震が怖いなら

男の人

関東地震が怖いと感じているのなら、予言ではなく予測をおこなってくれる機器を信頼しましょう。地震の予測システムは、携帯電話やテレビやラジオでも利用ができますので、誰でも面倒な手間をかけずに利用できます。